いまさっき思ったこと

あとで読み返したときになにかが生まれるかもしれないし、生まれないかもしれないけど、それはそれでいい

炎上させる意図がなかった企業と炎上を狙うことがある代理店の事情

一部で話題になっているウェブCMの件。最初に感想を書いておくと「たぶんある程度は折り込み済みだったんだろうな」と思って騒動を見てました。

電通関係者は「炎上を狙うことがある」と。

 「ウェブなら、燃えたほうが話題になるので、炎上スレスレ。または炎上狙いをすることがあります。普通のウェブコンテンツって全然アクセスがないんです。商品の広告をわざわざ見る人はいないので」

サントリーのビールCM炎上の舞台裏 電通社員「炎上を狙うことがある」

 サントリー広報は「炎上させる意図はなかった」と。

――今回の動画についてインターネット上や、弊社が取材した消費者や学識者からは、女性の「コックゥ〜ん!」という声や表情、カメラワーク、会話の内容などから性的なメタファーを感じるという声が出ています。そうした性的なメタファーを動画中に入れ込むという制作意図はあったのでしょうか?

新発売した「頂〈いただき〉」のおいしさを、ご当地グルメや方言と合わせて全国のお客様にお伝えする意図で制作したもので、ご指摘のような制作意図はございませんでしたが、結果として制作意図に反し、視聴された一部のお客様のご気分を害する結果となり、深くお詫びいたします。

サントリー広報「炎上させる意図は全くなかった」 PR動画『絶頂うまい出張』について直接聞いた

どっちがほんとうのことをいってるのかはともかく、それぞれがそれぞれの立場上そう答えざるを得ないといった感じ。企業の広報が「狙い通りよく燃えましたね、へへへ」とかいえるわけないし、まともな人ならブランド価値が毀損する炎上なんて狙うわけがない。

電通関係者が実在するのかは知らないけど、代理店側の事情もわかる。
エッジの立ってない動画が見られるわけないのは当然で、テレビCMとちがってネットの場合はユーチューバーとか松居一代とかぶっ飛んでる連中と競わなきゃいけない以上、あたりさわりのないCMで見てもらえるわけがないから、ギリギリを攻めざるを得ないという気持ちは理解できる。

そういう意味では最近だとトヨタは「昭和か!」って思うくらいのド直球なタレントCMをつくって、ネットにも上げてるけどあれはけっこう正しい気もする。
とはいえ石原さとみや新垣結衣を使った動画でさえ、数万〜数十万回しか再生されてないというのも事実。こんなにかわいいのに。もっかいいうよ、こんなにかわいいのに。


【プリウスPHV】趣味は試乗篇


【ノア】#金曜日の新垣さん 七夕篇

 

指標がまちがってるから手段もまちがうんじゃない?

広告予算が少ない商品の場合は(メジャーなタレントをネットでも使おうとすると契約金が増すことも多い)ネット単独でプロモーションしなきゃいけないこともあって、今回のケースも少ない予算で最大の効果を狙いにいった結果、自打球で戦線離脱って感じでしょうね。

これがサントリーの「やってみなはれ精神」ゆえの炎上ってことでもないんだろうけどさ。

ただ、電通さすがだなあと思ったのは、100%批判で埋め尽くされるネタではなく、一定の擁護派も出てくるようなところをついてきてるところで、「上品か下品か」でいえばほぼ全員下品と答えるんだろうけど、これが「女性蔑視か」と問われたら意見がわかれてる。キャスティングを男女入れ替えたバージョンで同じ批判が起きたかというと起きなかったと思うしね。

また、この動画を喜々としてシェアしてるおじさんもFacebookとかのぞいたらたくさんいた。

少なくともこの商品のターゲット層のけっこうな割合を占めるおじさんにはウケてたわけで、企画としては悪くはない。

あ、ぼく個人はこういうあざとい企画は嫌いですけど、でもベタではあるのでたぶん100案考えろといわれたら入れちゃうと思います。
(そして大事なことは好き嫌いと是非はわけて論じるということです)

一方で予想どおり燃え盛るわけです。その点では企画としては良くもない。

むかしは2chの中だけで「次の祭りはどこか」と徘徊していた人たちが、いまはネットのあちこちにいるので、企業としてはほんとうに大変な時代になってしまったなと同情します。

こうした炎上を防ぐためにも現代マーケティングでは「いかに届けないか」を考えないといけないんだけど、いまだに評価指標がPVや再生回数になってる企業も多くて、その基準をクリアするために今回のような不幸はこれからもつづくんだと思う。

誰も幸せにならないのにね。

電子書籍の問題は価格ではなく発売日

この記事を読みました。

電子書籍にかぎらず何十年とかけて本を安くしすぎたというのが最大の問題の気もするけど、電子書籍にかんしては「価格が高い」よりも「なんで紙の本と同じ日に発売しないのか」のほうが不満が大きいよね。
価格によって購入を諦めて失ってる損失より、数か月待たされることで買うのをやめて失ってる損失のほうがはるかに多いはず。

仮に紙の本よりも早く読めるなら多少高くても買う人はいるし、発売後一定期間が経過したら段階的に値段を下げていけばいい。
数秒で価格を更新できるのが電子書籍のいいところなのに、そこを自らコントロールしないでAmazonに自由にさせてる現状がよろしくないんじゃないかなあ。
(再販制でできないのかと思ってたけど、どうやら電子書籍は対象外らしいし)

たぶん現場的には行程の問題があるんでしょうね。
でもいまどき「あとからデジタル化」って何割くらいあるんだろう。

冒頭の記事によれば、「紙の本は初版では利益が出ない」とのことだから、だったらその制作プロセスを最適化して、電子書籍化とその販売は利益確保のために戦略的に取り組めばいいんじゃないのかと思うんだけど、たぶん「市場が小さいから」やらないんだろうね。
でもこれはいわゆる鶏卵問題だし、どう考えても紙の下落は今後も進むわけだから、電子書籍の市場拡大に出版社自ら取り組んだほうがいいと思うんだけど。

p.s.
まあ「利益ゼロ」っていうけど内訳見たら人件費その他すべてのコストはまかなえているわけで、これけっこう初版部数多いケースじゃないかとかいろいろもやっとする点は残る。

企業から送られてくるウザったい誕生日おめでとうメールの中に見た一筋の光明

誕生日ということで、頼みもしていないのに各社からメールが届きます。
パスワード再発行時などの本人確認のために教えたのであって、こうしたメールを送るために個人情報を開示した覚えはないんだけどね。

でまあ基本的には各社ともに「誕生日おめでとう! ポイントあげますよ(だから買え!)」というメールばかりなのですが、唯一感心したのがディノスオンラインショップからのメールでした。
(そもそもいつなにを買うためにディノスのECサイトにアカウントをつくったのかもおぼえてないんだけど)

届いたメールの内容を抜粋します。冒頭から途中までです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
インターネットでのお買い物をより安全に。より安心に。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもディノスオンラインショップをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
ディノスでは、一年に一回、お客様がお誕生日を迎えられた機会に
パスワード確認のご連絡をさせていただいております。

お誕生日などの推測されやすい数字は使用されていませんでしょうか。
パスワードの変更は、ディノスオンラインショップにて簡単に行えます。
この機会にぜひご確認ください。


▼パスワードの変更はこちら↓から
https://www.dinos.co.jp/defaultMall/sitemap/CSfSetPassword_002.jsp

ログイン後、パスワード変更画面が表示されます。

※変更後も定期的にパスワードをご変更いただくことをおすすめ致します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
バースデーeクーポン1,000円分ついて
━━━━━━━━━━━━━━━━━
ディノスオンラインショップ会員の皆様へお誕生日当日に「eクーポン1,000円分」をプレゼントしております。
こちら↓から

こんな感じで「クーポンあげます」は中断以降に記載されているものの、メインはパスワード変更の案内(というかセキュリティ意識の啓蒙)となっています。
これはなかなかかっこいい。

もちろんパスワードは変更しまくればいいってものではありません。
むしろ各サービスごとに設定された強固なパスワードであれば変更なんてしなくていいし、ぼくはじっさいそうしています。1Passwordは便利! 

1Password

1Password

  • AgileBits Inc.
  • 仕事効率化
  • 無料

 ディノスのサイトには「パスワードは定期的にご変更ください」とあってそのあたりはヘボだし、16桁しか許容しないのもふざけんなと思います。
ただ誕生日という情報を「あんた、誕生日をパスワードにしてないか?」という案内に使うのは唯一許容されるやり方かもしれないなあと思いました。

まあいまどき正直にほんとうの誕生日を登録している人が何割くらいいるのかは知りませんけどね。

おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは 心なりけり