読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまさっき思ったこと

あとで読み返したときになにかが生まれるかもしれないし、生まれないかもしれないけど、それはそれでいい

求人ってじつは不動産に似ている

いまから10年くらい前、ある特許を申請するために弁護士の先生に広告の仕組みについて説明してたんだけど、そのときに「ああ、なるほど、ようは不動産と同じってことだね」と先生がおっしゃったのがとても印象的でいまでもおぼえている。
つまり「かぎられた枠を売買する(おおむね需要と供給で価格も決まる)」という点で構図としては同じだと。

いわゆる本質論というやつで、それからはより一層「この新しげに見えるやつは、既存のなにと似ているのか」と考えるようになったし、その習慣はいまもつづいています。

それから数年後、「ああ、これこそ不動産と同じじゃないか」と思ったのが「求人(採用)」です。求人というのはまさにかぎられた枠を取り合う(売買じゃないけど)という点で、不動産と似ている。
そしてこのことに気づいたのとほぼ同じタイミングで「これいいな」と思ったのが、東京R不動産というサイトが実装していた「この物件に空きが出たらメールでお知らせするよ」という機能です。

ぼくのなかでこのふたつは別々の出来事なんだけど、同時にひとつのこととして受け止めた。なんでかよくわからないけど、まあ「ひらめく」というのはそういうことかもしれない。

そして「企業は求人ページに『現在求人中』の職種だけ掲載するのではなく、将来求人する可能性のある職種もぜんぶ掲載しておいて、いざ求人開始になったら見込み求職者にメールでお知らせする機能をつけたらいい」と考えるようになり、じっさいけっこういろんな人に話した気もする。
残念ながら当時のぼくが期待されていたのはマーケティングの領域での貢献だったので、この手の提案が受け入れられることはなかったんだけど。

でもいつか、もし、自分が会社をつくったり、どこかの会社で人事にかかわる仕事についたら実現しようと思ってた。
まさかほんとうに社長になるとは思ってなかったし、いまでもついつい忘れがちなんだけど(「団長」の自覚はあるんだけどねえ)。

じっさい転職ってタイミングがほぼすべてですよね。転職したいと思っても人事に空き枠がなかったり、企業側もけっきょく「さあ募集するか」と求人を開始してから見つけられるかぎられた人材の中から選ばなきゃいけない。

タイミングがほぼすべてだからこそ、できるだけこれをコントロールできないか考えたいんですよね。それも求職者にとっても企業にとってもメリットのある方向で。

引っ越しでたとえると、いつかここに住みたいなと思いつついまの家で暮らすのと、いざ引っ越しが決まってから次に住む家を探しはじめるのではぜんぜんちがうわけです。

いまは「とりあえず雑談しに来ませんか」みたいなカジュアルな(?)転職サイトもあるけど、ぼくみたいに人見知りな人間はそういうのはとても抵抗があるし、そもそもこのカジュアルさ自体がある種のリトマス試験紙になっていて、ぼくのような人間はまずフィットしないだろうなって思う。

前に「世の中には休みの日に会社の同僚とバーベキューする会社としない会社のふたつしかない」みたいな話をしたけど、いろんな会社があっていいと思う反面、前者の会社ばかりが紹介されたり、「いい会社」とされるのはどうにも違和感がある。
ああ脱線しかけてる。ダメだダメだ。

求人ページの話に戻します。
残念ながら攻城団合同会社はまだ社員を募集できるタイミングではないのだけど、今年からは(予算の許すかぎり)業務委託を中心に外部の方にどんどん手伝っていただいていこうと思っています。
そこで手伝っていただきたい作業の一覧を掲載して、協力者を募集するページを用意しました。

で、ようやく話がつながるんだけど、そこに「案件が掲載されたら(=ページが更新されたら)メールでお知らせする」機能をつけました。

f:id:takeshi:20170212221253p:plain

将来的にはフリーランスの方や主婦の方や副業OKの会社の方など、100人くらいの方がいつでも手伝うよといっていただけうようなグループになればいいなと思っています。

ちなみにメールを送るシステムですが、かつてsmashmediaってブログを書いてた頃に「EBISU GIGS」って飲み会を不定期に開いていて、その「飲み会を開催するときにメールでお知らせする」機能をブログに用意していたのを再利用しました。
リユースは大事ですからね。あ、団員にメールを送る仕組みを自作する予定があるので、そのときにリプレースするつもりです。

ま、考え方としてはかつてぼくが考案した「入荷お知らせメール」と同じですね。ワンパターンというか。

じっさいのページはこちらです。お知らせメールの登録はもちろん、いますぐのご応募もお待ちしています!

kojodan.jp

スタンプメーカー「ポムリエ(pomrie)」で住所印をつくっちゃおう

2013年にカシオから発売されたスタンプメーカー「ポムリエ(pomrie)」って製品があります。
オリジナルのスタンプを自作できるプリンタなんですけど、これを使って住所印をつくればコスパ的にもいいんじゃないかと思ったのでやってみました。

f:id:takeshi:20161229130158p:plain

会社にかぎらず、個人事業主として請求書とか送ったりする人には便利なテクだと思います。テクってほどでもないか。
 
住所印ってちょっといいのだと数千円しますし、アスクルで注文しても(いちばん安いので)2000円です。個人事業主の場合は自宅住所になるケースが多いと思うんだけど(ぼくもそう)、引っ越す可能性を考えたら2年後に使えなくなっちゃうリスクが高かったりして、なかなか手が出せなかったりしますよね。
 
でも「ポムリエ」は3年前の製品ということもあり、叩き売られてるので安く買えます。
ふつうに買うとプリンタ(=スタンプメーカー)単体なんだけど、いくつかのサイズのスタンプシートが入ったセットが出てるのでこっちを買ったほうがお得です。ちなみにぼくはAmazonで5100円で買えました。
 
スタンプづくりは専用アプリがあるので簡単です。
とくに住所印のようにテキストの配置だけでできちゃうようなデザインなら数分でつくれます。

f:id:takeshi:20161229130258j:plain

f:id:takeshi:20161229130301j:plain

あとはこれを製版するだけ。
細かい技術的なことはよくわかんないんだけど、スタンプシートを挿せば勝手にプリントされたのがデロデロって出てきます。

f:id:takeshi:20161229130621j:plain

「ポムリエ」にはPC専用のUSB接続タイプ(STC-U10)と、スマホでも使えるWi-Fi/USB接続タイプ(STC-W10)の2機種がありますが、Wi-Fiの設定は嫌がらせかって思うくらいややこしいので、パソコンを持ってる人ならUSB接続タイプでいいと思います。ただセットで買うと勝手にWi-Fi/USB接続タイプになっちゃいますけどね。
 
どのくらいめんどくさいかっていうと、SSIDとかぜんぶ手入力な上に、すぐにリセットされて再設定を求められます。なので、ぼくはけっきょく一度はWi-Fiの設定をしたものの、けっきょくUSBでつないで使ってます。
 
じつはこの「ポムリエ」は発売当初から住所印メーカーとして使えるんじゃないかと狙ってはいたんですけど、定価が高くてけっきょく買わなかったんです。
本体だけで5980円(STC-W10だと7980円)、さらにスタンプをつくるには必要なサイズのスタンプキットを買わなくちゃいけなくてこれがだいたい1000円くらいします。ね、ちょっと高いですよね。
 
今回は3年経って安くなってたのと、自宅住所と会社の住所のふたつをつくる予定があったのでそう考えれば安いなと思って購入しました。余ったサイズのスタンプキットでロゴをデザインしたスタンプとか、家紋のスタンプとかもつくれますね。
カシオ スタンプメーカー ポムリエ Wi-Fi/USB対応特別セット STC-A-SET

カシオ スタンプメーカー ポムリエ Wi-Fi/USB対応特別セット STC-A-SET

 
来年はガジェットブログとして再開しますうそだけど。

おもしろいインタビューは過去ではなく未来を問う?

昨日の深夜、NHKで「SWITCHインタビュー 達人達」の再放送をやってたので見てたんだけどほんとおもしろい。漫画家の松井優征先生とデザイナーの佐藤オオキさんの回ね。
オンエア時に見逃してたからラッキーでした。

で、つくづく自分がこういった対談とかインタビューといったものが好きなんだなあと実感したわけなんだけど、なにがおもしろいかというと、「ある人がその場で考えを整理して言葉にする」という瞬間に立ち会うのが好きなんだと思った。それも一流の実績を残してきた方であればなおのこと。

当人がさほど(あるいはまったく)考えてこなかったようなことを問われて、「さて自分はその問題についてどう対処しているんだろう」と考え、相手に伝えるために言語化する。
すっとは出てこないこともあるけど、その「うーん」という表情も好き。そして「こうかなあ、いやちがうな」みたいな発言も好き。
そうやってさぐりさぐり、慎重に言葉を選びながらようやく答えた言葉にものすごく興奮するんですよね。

松井先生「何が好きなんだろうって言葉にできますか? デザインのなにが楽しいか」
佐藤さん「なにが好きなんでしょうねえ……、考えたことなかったなあ……、うーん、なんでしょうかねえ」

こういう時間ってじっさいテレビ番組ではカットされちゃうことも多いだろうし、紙面/誌面ではばっさり削られちゃうんですけど、ぼくはこの「みんなが待ってる」時間が好き。
問われて考えてる本人も含め、全員が何十秒とかの時間をただ待ってるだけ。

けっきょくこのあと佐藤さんは「期待されることなんでしょうね。ひたすら期待に応えたい、そのプロセスを楽しんできた」と答えて、さらに自分はなんでも楽しめちゃう、好きになれちゃうという話がはじまるんだけど、この自分語りを引き出したのは松井先生のふわっとした質問なんですよね。

ふわっとした質問は諸刃の剣で、相手をただただ困らせてしまうこともあるけど、相手とタイミングさえまちがえなければ問われたほうから感謝されたりします。
あなたのおかげで自分の考えを整理できましたってね。

こういうふたりのやり取りで「跳ねる」瞬間も好き。

佐藤さん「アイデアって硬度があると思ってるんですよ、硬さ。で、それをどのタイミングでどう固めていくのがいいかってのがけっこうポイントとしてあって、二次元の絵とか、スケッチとか、まだ柔らかくて、解釈の余地があるじゃないですか。それがたぶんアニメみたいな動画になっていったりとか、立体になったりとか、どんどん固まってっちゃうので、もう立体物になるとかなりアイデアって固まっちゃうんですよ」
松井先生「商品化されてしまうってことですね」
佐藤さん「そういうことなんですよ」
松井先生「その、わたあめみたいに広げる時間が長いほうが総面積が広がるみたいな」
佐藤さん「あああああああ、そういうことです! そこの、どのタイミング、ギリギリまで柔らかく保持できるか、その固めるタイミングっていうのがけっこうミソなのかなって気がします」

完全に通じたって感じが見てる側にも伝わってきてて(まあ視聴者にも通じてるかはわかんないけど)、佐藤さんの「理解者があらわれた!」ってテンションが上がったところとか最高でした。

まあこういうのは聞き手の問題が6割方あって、いい質問だからいい答え、いい反応を引き出せるってのはわかるんだけど、なんとなく思ったことがあります。

それは「過去を問う」じゃなく「未来を問う」ことを意識したほうがいいなってことです。
ぼく自身、これまでも取材としてインタビューする側に立ったことは何度かあって、それは成果物の都合上、基本的には「なにをやってきたか」を聞くことが大半でした。まあ確認作業ですね。
もちろんそのときに「(その当時は)どんなことを考えてたのか」という質問も入れるようにはしてたんだけど、この手の質問は相手の記憶をすくうだけで、深層の思考には到達できない。

たとえばこれが「もし次にやるならどうします?」と聞き方を変えるだけで、たぶん相手はあらたに答えを考え出さなきゃいけなくなりますよね。
いくつかの反省材料はきっとあるだろうから、それをどうやって改善するか、一度やってみたことでわかった課題や制約も踏まえて、現実的な落とし所として妥当なラインはどのへんなのかを猛スピードで考えながら答えを紡ぎ出すと思うんですよ。

いってみれば過去を聞いただけでは相手の「経験」しか聞けないんだけど、未来を問うことでようやく「経験値」を手に入れることができるというか。

よくある事例乞食みたいなのも同じ話で、過去しか見てないから「経験」コレクターになっていて、だから自分で実行する際にうまくアレンジできないし、結果、雑なパクリになって失敗する。
相手の「経験値」を拝借してこそ、スタートの条件をより有利にできるわけで、ここはもっと意識したほうがいいなあと思いました。

そういや、対談コンテンツが好きすぎてこんなのもつくってたんですけどね。

おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは 心なりけり