読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまさっき思ったこと

あとで読み返したときになにかが生まれるかもしれないし、生まれないかもしれないけど、それはそれでいい

熊本のことを忘れないために

基本的に人の善意というものは長続きしません。というよりも人の興味の賞味期限は短いといったほうが正確かな。
それが同情であれ、共感であれ、あるいは愛情や憎悪であってでさえ、なにもしなければ沈静化していくし、いずれは「無関心」になってしまう。

某乳食品の会社による集団食中毒事件、某洋菓子メーカーによる食品偽装、某ハンバーガーショップによる商品異物混入事件などなど、世間を騒がせた事件は毎年のようにありますが、いまでも記憶している人はどのくらいいるでしょうか。
ただね、ぼくはこの「人は忘れる」ことを悪いことだとは思っていません。それこそ再チャレンジ可能な社会を実現する土台は、こうしたぼくらの「どんどん忘れる」習性だったりすると思うからです。

とはいえ大事なことは忘れない努力をするべきだし、ときに震災などの復興支援については1日でも長くその気持ちが持続するように、関係者が思考し、努力すべきだと思うんです。
ここでいう「関係者」はなにも被災者のことだけではなくて、「応援したい」と願う人のことも含んでいます。

少し前段が長くなりました。

今回、ぼくらは熊本地震で被害を受けた熊本城の修復再建を支援するために、チャリティTシャツをつくりました。
このTシャツの販売で得られた利益(ようするに原価をのぞいた金額)はすべて熊本市に寄付します。

f:id:takeshi:20160823151101j:plain

地震が起きたのは4月14日、そこから数日で日本赤十字社やCivic Force(シビックフォース)、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)などで支援金・義援金などの募集がはじまりました。
Yahoo!ネット募金も立ち上げられて、ぼくも所有するTポイントをぜんぶ寄付したのをおぼえています。

避難所などで人のプライベートな部分に文字通り土足で踏み込むマスコミの振る舞いに非難も起きてましたが、彼らが連日報道してくれたおかげで現地の様子を知ることができたのも事実です。
ただこうした報道もどんどん少なくなって、いまではほとんどテレビで熊本の様子を目にすることはなくなりました。まあ神戸のときも東北のときも同じですし、こればかりはしょうがないんだと思います。

そう、しょうがない。

ここでマスコミに対してぷりぷり起こっても意味がなくて、彼らは彼らの論理で動いているわけで――ようはライバル局よりも視聴者ウケする情報・映像を探しては流してるだけ――それは変わることはありません。

インターネットのチカラ、ソーシャルメディアのチカラがそれを打ち負かしたり、代替できるなんてこともありません。そんな妄言を口にするのは夢想家かただのバカです。
でも、火を消さない程度の貢献はできると思うんです。

攻城団は影響力も微々たるものですから募金を呼びかけたところで大金が集まるわけでもありません。ふたりでやってるので大きなことができるわけでもありません。
だから「はやく」は早々に諦めて、ぼくらは「ながく」支援することを自分たちの指針にしようと決めました。

マスコミが報道しなくなってからがむしろ勝負で、「いまの熊本(熊本城)」を継続して伝えていこうと、そしてひとりでも多くの人が、一日でも長く、熊本城が倒壊したことを忘れないように発信していこうと決めたのです。
(じつは熊本に引っ越そうかと考えもしたのですが、それは無理しすぎなのでやめました)

とはいえできることなんてたかがしれています。
それでも定期的に訪問してこれまでに2回現地レポートを書いてきました。そして今回、みんなといっしょに行動するためにチャリティTシャツをつくりました。

f:id:takeshi:20160823151352j:plain

たくさんの人にTシャツを買っていただけるとうれしいですけど、まずはこの記事を読んでいま一度、熊本に思いをはせる人が増えてくれたらいいなと思ってます。

詳しい経緯とか裏話的なのは攻城団のブログに書きました。

kojodan.jp

ポケモンGOは地方にとって迷惑なのか、アニメにはまちおこしの力なんてないのか

ぼくは自分で「攻城団」と「まんがseek」というサイトを運営していることもあってコンテンツツーリズムについてはその言葉ができた当初から関心があって、これまでも本を呼んだりセミナーに参加したりしていろいろと考えてきました。
先週、コンテンツツーリズム系で興味深い記事がふたつあったので紹介がてらコメントなど。

ポケモンGOは地方にとって迷惑なのか

そもそもスタンスとしてはネガティブな書き方の記事です。
鳥取砂丘を「県外からの観光客を呼び込もうとPRに懸命になっている。」と、大阪の千林商店街を「モンスター目当てで、多くの人が訪れるようにする取り組みで集客を図ろうと必死だ。」と紹介してますしね。
まあ懸命で必死なのは事実なのかもしれませんけど。

つづいて地方都市の実情として、観光協会幹部の談話が紹介されています。

ある地方都市の観光協会幹部はこう話す。

ポケモンGOは観光客を呼び寄せる仕掛けにはなっていると思います。ただ、それが経済効果になるかといえば、そこは疑問です。ポケモントレーナーの多くは、スマホ一台で来ますし、現地で遊んでいくわけでもないので観光客と呼んでいいかも疑問です。トレーナーは現地に足を運んでも、目的はポケモンGOなのですから日帰り客も多い。そうなると、宿泊が伴わないので地元への経済効果は薄い。地元の飲食店やお土産店で消費してくれるかといえば、これも怪しい。そもそも、地方の商店は東京のコンビニエンスストアほど品揃えもよくありませんから、東京から来るトレーナーたちはコンビニでおにぎりやパンを買い込んでから来る人も多いです」

断言するけど、人が訪問しているのに経済効果にならないとしたら、それは受け入れ側の問題です。
なぜ「おにぎりやパンを買い込んでから来る」のか、考えてみたことはあるのでしょうか。店がないからです。あるいはあることがわからないからです。出かける前に現地の飲食事情がわからないから、予防的に買い込んでいくだけのことです。どっちに責任があるのか。

そもそもインタビューする側もされる側もポケモンGOやってないはず。
やってる人ならわかると思うけど、大半の地方はポケストップがないので人は来てないはず。もし来てるなら、それはレアなポケモンが出るからです。
じゃあ自分らのエリアではどんなポケモンが出現するのかを発信してるんでしょうか。ツイッターアカウントを用意して、「かくれているポケモン」をキャプチャして「このへんには○○がよく出ますよ」と定期的にツイートすればいい。

f:id:takeshi:20160809143402p:plain
(うちの近所の状況。さすがにこれじゃ誰も来ないけど)

公園とかは毎週ポケモンがシャッフルされるようになったらしいので、レアなポケモンが出るぞってタイミングにはきっとシェアされます。

来てくれた人がお金を落とさない?
この暑さなら凍らせたペットボトルでも冷やした手ぬぐいでも売れます。駅前でおにぎりと冷たいお茶をセットにして500円で売れば買う人は多いはず。
(その際、手にごはん粒がつくとスマホをさわりづらいのでおてふきつけるなり、おにぎりはラップでつつむなりの配慮はしてあげて)

ぼくは城めぐりで全国各地を訪問してきました。そして、できるだけ地元のお店にお金を落としたいと思ってるんだけど、現実としてなかなか悩ましい問題もあります。
たとえばトイレを貸してくれるのがコンビニだけで、だったらトイレだけ借りるのは悪いからとなんか買いますよね。あるいは、ごはんを食べようと思っても店主と常連さんが話し込んでて入りづらいとか。
アウェイ感が強すぎて、もういいやコンビニで(ファミレスチェーン店で)ってなったことは何度もあります。

旅行代理店にも聞いてます。

「バスや飛行機、鉄道のチケットは個人がインターネットで手配するのが当たり前になってきているので、ポケモンGOが大ヒットしたからといって、旅行代理店が活況になることはありませんね。そもそも、ポケモンGOでわざわざ地方に足を運ぼうなどという人はいるのでしょうか。東京の渋谷や秋葉原、新宿などには無数のポケストップがあります。地方に行くよりも、東京のほうがポケモンGOには向いています。逆に地方から渋谷や秋葉原に行く人たちは、増えていると思いますが、こうした人たちも旅行代理店など使いませんし、ホテルに宿泊するのではなく、寝泊まりはネットカフェで十分という人たちが多い。とても、代理店が取り込める層ではありません」(大手旅行代理店関係者)

この方はポケモンGOをやってますね。
都心部のほうがポケストップが多いことをよくわかってらっしゃる。

でもぼくだったらレアなポケモンをゲットしまくるバスツアーが組めないかを考えますけどね。
じっさいにできるかは調べてみないとわからないけど、たとえば朝から晩まで首都圏の公園をまわってポケモンを集めるとか。バスで充電できるようにすれば、ツアー客は集まりそうなものだけど。

ポケモンGOを数日やればわかることとして、電源とWi-Fi、それに暑さ対策が課題なわけです。
だから充電できる場所を用意したり、自由に使えるWi-Fiスポットを用意すればかなり喜ばれます。その上で飲食店だったらルアーモジュールを使えばいい。それだけポケモンGOに理解を示していることを態度で表明すればアウェイ感も薄れるから、待機してポケモンを狩るためにお店に入ってくれますよ。

アニメ系のコンテンツツーリズムもそうだけど、「来てもお金を落とさないから意味がない」ってのはぜったいにいっちゃいけない言葉です。
観光施策って人を呼ぶのがもっともむずかしいことで、それと比べれば来てくれた人にお金を使ってもらうことなんていくらでも工夫できるでしょう。

あとこれは余談になるけど、自分らはどのくらい人数まで呼び込めるのかというキャパもわかっとかないと竹田城みたいになる。
キャパを超えた際にただ禁止にするだけじゃなく、どういうお願いをして、どうやって折り合いをつけていくのかを考え実行することこそが、いちばん問われていて、幸か不幸かほとんどの自治体が対応できてないからこそ、率先して協調していけばいいと思うんだけどね。

そういう意味では鳥取県とか佐賀県は積極的にブームと関係性をつくって乗っかろうとしているし(べつに作品の舞台になるだけがコンテンツツーリズムではない)、ネット上の反響などをチェックするかぎり、ファンにもおおむね受け入れられているように見えます。

アニメにはまちおこしの力なんてないのか

アニメ「ガールズ&パンツァー」(通称「ガルパン」)の舞台となったことでいまも多くのファンが聖地として訪問している茨城県大洗町
ぼくは見てないですけど、近年におけるコンテンツツーリズムの最大の成功事例として紹介されることも多いです。

その「ガルパン」担当プロデューサー、バンダイビジュアルの杉山潔さんのインタビュー。インタビュアーはまつもとあつしさんです。
先に書いておくと、このインタビュー記事はめちゃくちゃおもしろいし、核心をついたやり取りがなされているので、ぜひ全文読んでほしいです。

その上で、ぼくがポイントだと感じたところをおさえると、まずこの作品は当初から大洗町を有名にしたり、観光客であふれるようにするためにつくってないという点です。そもそも大洗に決まったのは偶然だったようですしね。
というか、大洗は「ガルパン」の舞台になる前から県内有数の有名観光地だというのも見逃しちゃいけない点です。

そして成功するかどうかわかんないので経済効果とかはなんにも約束できないし、アテにもしないでくれということを大洗町に正直に伝え、それでも大洗側のキーパーソンである常盤良彦さんは、「面白い事さえできればいいので、我々は経済効果を求める気はまったくない」「これについてはまずごく小さなプロジェクトチームを組みます。気心が知れていて、失敗したら『ごめんね』って言える範囲からスタートします」と協力を約束してくれたそうです。

杉山さんの誠実さ、そして常盤さんの行動力。
もちろん大洗側にまったく期待がないわけじゃなかったと思うけど、こういうのは博打だということをよく理解していて、だからこそ前に進んだわけですよね。
でもじっさい多くのケースでは事前に数字(何人呼び込めるのか?)を約束させられたり、あるいはでまかせの見込み観光客数を持ちだして協力を要請するなんてことがあるんじゃないかな。
けっきょくそういう関係性はもろいのですぐに破綻しますよね。

少しだけ杉山さんの発言を引用します。

 我々は経済効果に変えるためにやるわけではないので、そこは絶対に踏み外さないようにしましょう、と。「コンテンツには必ず終わりが来るので、コンテンツにばかり寄りかかっていると、なくなった途端また元に戻っちゃう。次に皆さんがやったほうが良いことは、いま来てくれているお客さんに“大洗のファン”になってもらうことですよ」と、町長にも直接言っていたんです。

 基本的にわたしは(アニメ)コンテンツでまちおこしとか地域復興はできない、と思っています。なぜかというと、普通に考えればよくわかるんですが、たとえば深夜枠のアニメーションって(放送は)夜中の2時とか3時じゃないですか。視聴者層がものすごくセグメントされています。ほとんど男性のアニメマニアしかいないわけです。

 そういう枠の特性がある上に、視聴率1%取れば成功と言われます。ドラマみたいに10%は要らないわけです。深夜で、視聴率1%で、セグメントされた人たちが見ている作品を、1クール12本・30分放送して影響力があると思いますか?

 ない、と思うんです。よくコンサルの人たちが“コンテンツツーリズム”って言いますが、後付けならわかりますけれど、コンテンツツーリズムを前提に、行政を巻き込むのは(わたしは)すごく反対なんです。

 もう一箇所だけ。

 結果として、移住者が増え、週末ごとにファンがやってきて楽しみ、おカネを使ってくれるということがまちおこしだと言えば、まちおこしだと思いますが……。“興し”という言葉って意図的なものだと思うんです。意志がそこに感じられるんですよね。だからそういう意味では違和感はありますね。

 大洗って、もともと観光地で、ホスピタリティーが高く、年間を通じてイベントが多いんです。いろんな仕掛けをしてお客さんを誘引する努力をしてきた町なので、ガルパン1つに町の命運を委ねる気はないと思います。

 コンテンツツーリズムは狙って結果を出せるのか。出せるとしたらそれは打率でいうと何割なのかってことです。
またそのコンテンツツーリズムも、ありものに乗っかるパターンと、ゼロからつくるパターンがあって、それぞれ難易度がちがうのに、ここを曖昧にしたまま「コンテンツツーリズムの可能性」を主張する人が多いんですよね。

鶏卵問題(鶏が先か卵が先か)でいうなら、受け入れ側の大洗町は観光地としてのホスピタリティがもともとあって、そこに「ガルパン」というきっかけがうまく作用してブームが「持続」したということですね。

ぼくはコンテンツツーリズムというのは結果(事実)を分析し、検証することはできるかもしれないけど、意図的に成功させることはほぼ不可能だと思ってます。
これはクチコミマーケティングのときと同じです。それなりの条件・状況を整えることまでが精一杯で、そこからうまく立ち上がるかは偶然の要素がめちゃくちゃ大きい。そこを隠して、あるいは軽視して語られることが多いです。

だからコンテンツツーリズムに対するぼくのスタンスは、研究対象の「学問」としてはいいけど、実利を求める「マーケティング施策」として扱うのは反対です。

まとめ

アニメに頼るとか、中国人の爆買いに頼るとか、これから数年はオリンピックに頼るなんてのも出てくるだろうけど、そういうのは刹那的なものだし、中長期的にはほとんど貢献できません。
杉山さんの発言にもあったように「コンテンツには必ず終りが来る」ので。

もちろんぜんぶに速攻乗っかっていくという戦略はアリだし、正しいと思います。
最近だと佐賀県はそこを意識して取り組んでいるように見えます。「おそ松さん」が流行れば即効コラボして「さが松り」を開催するとかね。

来た波に乗る、できれば少し増幅できないか考える。これって大変ですけど、自分たちでゼロから考えなくていいというのは利点です。合気道みたいな感じですね。

そういうショートスパンの取り組みを延々つづけるやり方と、ひとつの魅力をじっくり育てて長期的な観光誘致策としていくやり方があるとしたら、後者は「スタービレッジ」としてブランディングに成功した阿智村のようなケースですね。

【公式サイト】スター★ビレッジ 阿智〜日本一の星空の村〜

ぼく自身は後者のケースがもっともっと全国で増えていって、国内旅行の目的地選びに困るような状況が生まれるといいなあと思ってます。

行動を喚起する文章

セミナーで講演する仕事で博多までいったので、そのまま熊本に一泊してきました。
熊本地震で甚大な被害を受けた熊本城の状況を定期的に訪問してレポートしようと思っていて、いい機会をいただけたので。
東京に戻って、翌日にさっそく書いたレポートがこれです。

ぼくがこうしたレポートを書くときに意識しているのは「現地にいったような気持ちになる文章」ではなく「現地にいきたくなる文章」を書くことです。
なかなか実現できているとはいいがたいんですけど、あくまでも目標はそこにある。もうかれこれ10年近く試行錯誤してるけどまだまだです。

沢木耕太郎を薦められて読んだりもしたけど、たぶんあれはウェブ向きの文章じゃないと思うんですよね。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 
旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)

 

いまのところまちがいないなと思うのは「写真のチカラを最大限に活かす」ってことなんだけど、これがなかなかバランスがむずかしくてただきれいな写真を並べればいいってもんでもない。
それこそ「見ただけで満足」になってしまうから。

自分の目で見たいと思うような写真、あるいはそれを紹介する文章がないと人の行動を喚起するまでには至らない。

そういう意味では「食べる」とか「温泉が気持ちいい」とか、体験の紹介はいいですね。現地にいかなきゃ味わえないから。
(まあ最近は全国各地の郷土料理すら都内で食べられたりするので、その貴重さは失われつつあるんだけど)

注目を集めるだけならおもしろい文章を書くだけでいいんだけど(まあそれもめちゃくちゃむずかしいんだけど!)、その先の行動まで促すような文章を書くにはどんな努力をすればいいんですかね。

こういうことを意識して書いてるよって方がいたらぜひお話を伺いたい。というかいろいろ教わりたいです。

おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは 心なりけり