いまさっき思ったこと

あとで読み返したときになにかが生まれるかもしれないし、生まれないかもしれないけど、それはそれでいい

過去記事の相互配信というコンテンツマーケティング

攻城団で他サイトの過去記事を転載させていただくという取り組みをはじめました。

記事配信の提携案件って「最新記事をあちこちに同時配信」というものばかりですよね。
それは時事ネタであり即時性・速報性が求められるニュースなら致し方ないんだけど、ふつうの読み物の場合はむしろ過去記事の再利用方法としての転載戦略というのがあるんじゃないかと思ったのです。
 
どんなサイトでも記事の露出機会には限界があり、とくに時系列で並べて表示していると数ヶ月前の記事や一年以上前の記事が読まれる機会は激減します。これは記事の鮮度とは関係がないものです。
力を入れて書いた記事であればあるほどもったいないわけですよね。
 
だからそうした自サイトで露出機会を失った過去記事を別のサイトの新着記事として掲載することで、読まれる機会を創出できるのではないかと考えました。時事ネタじゃないなら「いつ書いたか」はさほど重要じゃないのですし。
 
もちろんただ闇雲にコピペで掲載すればいいという話ではないです。
載せる記事は自サイトの読者を想定しながら厳選すべきだし、写真のレイアウトや文法的な表記ルールも多少はサイトごとに揃えるべきでしょう。じっさいぼくも交渉の際には記事を選ぶことと最低限の編集はさせていただくことをお願いしています。
そしてURL正規化のために「rel=“canonical”」を使って、元記事のURLを付与することも大事です。じゃないと重複コンテンツになって迷惑かけちゃいますからね。
 
もともとはひとりで記事を量産できない弱点をカバーするために考えた取り組みなのですが、けっこう可能性があるんじゃないかと思ってます。
 
これを発展させていけば、信頼できるサイト同士が連携して、お互いの過去記事を共通の記事データベースとして共有し、事前に取り決めたルールに則って再利用しあえるというコンテンツネットワークを構築できるかもしれませんね。
(まあルールを守らない人がぜったい出てくるので、参加者選びがいちばん大変そうだけど)
 
こういう考え方ってどうですかね。
 
[追記]
いうまでもなく、これは自サイト内でも取り組めばいい話です。
(滞在時間をのばすために)「関連記事」として過去記事の再露出を図っているメディアは増えてますし、そういうブログパーツ的なものもAdSenseやLinkWithinなどいろいろありますよね。この「はてなブログ」にも関連記事を表示するオプションが追加されてます。
 
「今日書いたとしても通用する」記事なら、何年前に書かれていようと今日の読者に読んでもらえばいいのです。そもそも最近あなたのサイトを知った方にとっては初見になるわけですから。
もっともそういう公開時期を問わないような記事がどのくらいあるのかはわかりませんけどね。

マザーハウスの成功要因に最愛戦略あり!的な話

この対談記事に「最愛戦略」が引用(?)されてるよと教えてもらったので読んだ。

読んでみると、たしかに書いてある。

目指すは「最愛」
佐々木:
おもしろいですね。大きく変わっている中で、小売として差別化をはかるポイントは?
 
山崎:1つのキーワードは「最高か最安か最愛」。
「最高」のものというのは、品質面などで一番のもの。これは、ちゃんと残っていく。「最安」のものも、必要品として残っていく。
もうひとつは「最愛」。何かの価値観によって最も愛されるものを作る、ということはすごく大事だと思います。私たちが目指すのも「最愛」のブランドです。

偶然同じことを思いつかれた可能性もあるけど、おそらくはぼくが書いたのを読んでくださったのか、どこかのセミナーで話したのを聞いてくださったのか(この話はすでに30回以上はあちこちで話してます)、あるいは又聞きされたのだと思います。 

ぼくは(論文が引用されるほど価値を増すのと同じで)コンセプトなんてのは踏襲されてなんぼだと思ってるし、ある意味では実証実験をしてくださってるわけでマザーハウスがこの戦略で成功していることはとてもうれしいです。

この対談でもすごくいいことを話されてるんです。
最愛を実現するために、スペックではなく商品(と販売)にまつわるストーリーを伝えるとか、まさに正しく理解してくださってるなあと思いながら読みました。
最愛戦略において重要なのは、選ぶ〜買う〜使うといった一連のプロセスすべてのコミュニケーションを「いい感じ」にすることで、そのために顧客を絞る勇気も時には必要だったりするわけですが、そのあたりのこともすべてわかってくださってる感じ。

お客さんを集めて開催する「お客様総会」なんてのも、いまぼくが攻城団で「サポーター」制度を通じて実現しようとしていることで、ほんとすばらしいです。

取材にお伺いしたいくらいです。

 

まあだからこそ「ネットで読んだんですけど」とか「ある方がセミナーで話されてたんですけど」とか、ひとことくらいあってもいいんじゃないというモヤッとした気持ちも残るんだけど、でもまあぼくも多くの企業事例(と自分や周りの人の体験談)を参考にさせていただいてこの「最愛戦略」というコンセプトを言語化したわけで、持ちつ持たれつって感じでおだやかな気持ちで受け止めることにしました。

ぼくも今度セミナーで話すときには「マザーハウスのえらい人が『最愛戦略』を採用して実行してくれてますよー」と使わせてもらおう。

でもほんとこのコンセプトはシンプルで時代を捉えてると思うんだよなー、自画自賛で気持ち悪いけど。 

marketingis.jp

ポストモダン・マーケティングの時代はとっくに到来している

さっきタカヒロさんのこのツイートを見て「あぁぁーー!」ってなった。

(この発言の経緯や文脈は知らないけど)たぶんそういうことなんだと思う。

もちろん「マーケティングの再定義が必要」とか「マーケティングは現代において拡張されている」とか言い方はほかにもあるんだろうけど、昨今の広告やマーケティング界隈に対する違和感とかギャップはここに原因があるような気がしてきた。

もうひとつ。

ぼくがむかしマーケティングについて書いてたブログの記事を最近1日1回ランダムに自動投稿するようにしているんだけど、ちょうど昨日はこの記事が流れてきた。

これを書いたのは2010年です。最初タイトルを「4Pの時代は終わった」にしてたら「すぐ『終わった』とか『死んだ』とかいうやついるよねー」と本文も読まずにバカにされたので、「、のかもしれない」とあとからつけたのを思い出した。
「終わった」といってるのはセス・ゴーディンであってぼくではない。『Purple Cow』読んでないのか。

それにしてもこの頃のセス・ゴーディンはキレまくってたなあ。
「Purple Cow(絶対目立つ非凡さ)」なんていまのソーシャルメディアが普及した時代ではめちゃくちゃ重要だし。

たぶんいまだと「Photogenic」とかがPではじまる単語としては最有力かもね。

じゃあフォトジェニックな商品、ワンフレーズで紹介できるサービスをつくるのはマーケティングの仕事なのか、という命題が生まれる。

いまマーケティング部がすべき仕事はなんなのか、マーケターがビジネスに貢献できる役割とはなんなのかを考えたときに、ちゃんと答えを持ち合わせている人はどのくらいいるんだろうか。

炎上が増えてる背景には狂った消費者の可視化だけでなく、時代の変化に適応できていないマーケターにも原因があるのかもしれない。

「紫の牛」を売れ!

「紫の牛」を売れ!

 

おもしろき こともなき世を おもしろく すみなしものは 心なりけり